多摩美の油絵実技初日:デッサン

今頃娘は絵を描いているのだろうか?

今日は多摩美の油絵実技試験の初日、デッサンだ。

木炭
デッサンは、木炭を使って描く

今日の多摩美の実技は10:00~17:00まで

間にお昼休憩を1時間挟み、実試験時間は6時間だ。

使用道具は『鉛筆デッサンまたは木炭デッサン用具一式』だ。


ちょっと前に急に暖かくなったと思ったら、一昨日からずいぶん寒い日が続いている。

多摩美は八王子の中でも山の中というか、山のふもとというか、駅前よりも寒い場所にあるのでカイロを持って出かけて行った。

八王子に住んでいた経験からいうと、駅前とそうでない場所とは明らかに温度が違う。

人がいて、人の営みがあって、車が多く移動したりする場所とそうでない場所では、温度が全然違うのだ。

まして、多摩美は駅から結構離れた『とても環境の良い』場所にある。

実技は手を動かすので、指先がうまく動かないと困るのだろう。

カイロを二つ予備に持って行ったようだ。


使う道具としては、太さの違う木炭と、予備の木炭、芯ぬき材等箱に入れて持って行った。

以前(現役時代)は使っていたガーゼやティッシュ、擦筆(さっぴつ)等は今の描き方はほとんど使わないそうだ。

そういえば、初めて木炭で絵を描いた時から『こする』ことが苦手だった娘。

木炭デッサンは、木炭紙に木炭をのせて、指等でこすって紙面に定着させるようなのだが、それにずいぶん苦労していた。

うまくいかずに紙の『目』をダメにしてしまうようだったのだ。

浪人生になって指導していただいているM先生になってから『自分の描き方』を見つけられるようになったようで、木炭は生のまま紙面に載せる描き方になったようだ。

実技を言葉に置き換えて説明するのは難しいので、娘から描き方についての話しを聞いても

「へー。そうなんだ。」

としか答えられないのだが、今の娘の油絵とデッサンは『似ている』そうだ。

現役時代に描いていた絵は、油絵も木炭も違う印象を受けたので、それだけ成長したのだろう。


と考えつつ、自分の気持ちを落ち着けるしかない。

受験生の保護者というのは、不安なものよ。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ


にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ムサビの学科も終わった