鬼の霍乱?熱出してしまった

気を付けていたのだが、やってしまった。

久しぶりに熱を出してしまったのだ。

もともと喉から風邪をひくことが多い私は、乾燥に弱い。

気を付けていたつもりだったのだが、やってしまった。

引っ越し間もない我が家では、今仮に娘と私が同じ部屋で寝ている。

リビングの隣の和室に、布団を2枚並べて寝ているのだ。

受験生の娘の方が布団に入るのが遅いので、娘が風呂に入っている間に私は寝てしまう事が多い。

いつもは電気や床暖房を切って和室の明かりだけにして眠るのだが、 その日疲れていた私は

「電気モロモロ切って寝てね。」

と娘に伝言して先に寝てしまったのだ。

明け方、喉に違和感を感じ目覚めると、床暖房が付きっぱなしだった。

あわてて切ったが既に遅かった。

その日の午後から熱を出してしまった。

娘の受験&引っ越し作業が重なったのも辛かったのだと思うが、受験シーズン真っ只中に倒れてしまうとは^^;

風邪菌が体に入って熱を出したわけではないが、体が弱るとそこここに飛んでいる風邪菌の影響を図らずも受けてしまう。

結果、風邪菌が体の中に入ってきてしまうのだ。

引っ越し作業中のため、体温計もどこにあるのかわからなかったが、ある程度の熱は出してしまったようだ。

※インフルエンザ程の高熱ではなかったらしい。

気を付けていたのだが、仕方がない。

娘にうつさなかっただけで良しとするしかない。

寝込んだのは3日程か。

その後はなんとか休みながら梱包をやり、無事引っ越しも済んだ。

元の住まいはまだ借りっぱなしで、廃棄する家財道具が満載だがとりあえずそれも良しとする。

もう少し落ち着いたら、片付けに戻るつもりだ。

来週からはいよいよ実技試験が始まる。

体調を崩さぬよう、ガンバラねば。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ


にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

ムサビ油絵初日