お絵描きしりとりで形のイメージを掴む

美術コースの高校生だったころ。
休み時間に友人たちとする他愛もない『お絵描きしりとり』。
これが結構勉強になったらしい。

娘は、基本コレが苦手で。
絵を描き始めたのが遅かったせいもあるかもしれない。
絵の得意な人達と一緒に描いていくと、どうしても上手下手が如実に現れてしまうのだが、優しい友人たちはそれを指摘しないでいてくれる。

同じ題で何人もが描いたりすると、そのモチーフの特徴が自然と現れる。
一番記憶に残っているのが『リス』だそうだ。

小さい頃からNHKの『ダーウィンが来た』が好きだった娘が、リスと聞いて思い浮かべるのはエゾリス。

エゾリス

全身が茶色で、

耳が小さくて、眼がくりっとしてて、手が小さくて
後ろ足がちょっと逞しくてしっぽが全部茶色。
冬はモフモフしてるって印象。

でも、実際絵に描いてみると、エゾリスよりもシマリスの方が、リスっぽくなるそうだ。

11417994によるPixabayからの画像 シマリス

ホントなの?
ちょっと描いてみてよ。ってお願いしてみると
イラスト苦手なんだよねっていいながら、描いて見せてくれた。

どアップの正面顔ハムスター

どんぐり?を持ったハムスターが縞を入れると

シマリスへ

お。
確かに。
シマを3本入れると、とたんにリスっぽい顔になる。

お絵描きしりとりは、しりとりをお絵描きでつなげていくゲームだ。
小さな子供の頃、しりとりが語彙を増やすきっかけになるのと同じように、絵を描く者にとっては有効な遊びのようだ。
今までなんとなくぼんやりと見ていたモチーフ(題材)も、ざっくりと特徴を捉え短い時間で描くことを求められる。
楽しく基礎力を強化できるようだ。


にほんブログ村 美術ブログ 油彩画へ
にほんブログ村

Follow me!

お絵描きしりとりで形のイメージを掴む” に対して2件のコメントがあります。

  1. MEME より:

    「しまりす」!
    可愛い表情が素敵です。
    こんな遊びがあるなんて、さすが「美術コース」の学生さんならではですね。
    私も、そんな環境で最初から勉強したかったです。
    羨ましい!!です。

    1. hahaja より:

      MEMEさま
      この遊びを知ったころ「一緒に遊ぼう」と何度か誘われましたが、今は誘われなくなりました。
      絵心のない母のことは諦めたようです^^;
      題材の特徴を捉えるのは難しいですね。

hahaja へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA